Category: 新生活の心得

11月 26th, 2017 by GRjo-7uk

引っ越しの際には家電もしっかり準備をすることが大切です!

引っ越しの際には何かとバタバタしてしまい、ついつい忘れてしまいがちかもしれませんが、荷物を準備するだけではなく、一人暮らし担った時用の家電を用意することを忘れないようにしましょう。
今までは家族で使っていたものがあったかと思いますが、それらの家電を持っていくことはできないケースがほとんどですので、必ず忘れずに用意をすることが大切です。

例えば、このような家電が生活に最低限必要になると言えますので、必ず事前に用意をしておきましょう。

最低限あった方が良い、生活に必要な家電は?

最低限ないと困るのが、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、クーラー、ヒーター、炊飯器などの、生活を送る際にはあった方が良い、ないと何かと困るタイプの家電類です。

炊飯器や電子レンジは無くても大丈夫と考えている方も多いようですが、炊飯器でお米を買った方が、スーパーなどで炊いてあるお米を買ったりするよりも明らかに安いですし、レンジで温めるだけで食べることが出来る商品には、何かと助けられますので、どちらも用意をしておくべきであると言えるでしょう。

冷蔵庫などは一人暮らしようであればそこまで大きくなくても良いですし、洗濯機もそこまでこだわりの商品でなくても、洗ってすすぎが出来て脱水が出来れば、問題ないという家電が多いと言えるでしょう。

あると便利な必要な家電は?

生活になくても死にはしないものの、何かとあった方が便利、ないと身だしなみすら整えることが出来ないという家電商品もありますので、日頃使っている家電は出来るだけ新生活でも用意をするべきであると言えるでしょう。
例えば、掃除機やドライヤー、アイロン、除湿器に空気清浄機、パソコンやテレビなどの、家にはほとんどの方があると言っても過言ではない家電類が挙げられます。

もちろん持っていないという家電もある一人暮らしの方も多いですが、あればあるだけ便利ですし、何より、ないと洋服のシワすら伸ばすことが出来ないようなものもありますので、「一人暮らしになってから身だしなみが雑になった」と感じられてしまわないためにも、出来るだけそろえておくべきアイテムであると言えるでしょう。

家電選びのポイント

家電を選ぶ際には、デザインや機能性はもちろん大切ですが、根本的に、サイズ感が重要になります。

洗濯機などの大きい家電の場合は特に、サイズをしっかり図ってから購入しないと、スペースに収まらないという事態に陥ってしまうことも少なくありませんので、しっかりと既定のスペースに入るかどうか、理想通りのサイズかどうかを確認して、家電を購入するように心がけてみてください。

Posted in 新生活の心得

10月 30th, 2017 by GRjo-7uk

引っ越し料金を安くするためには下準備がとても大切

引っ越しは何かとお金がかかることで知られていますが、多くの場合、引っ越しの際に余計な金額まで支払ってしまっていることがあります。
その結果として損をしていることに気が付いていない場合が多いと言えるでしょう。

引っ越し後も何かとお金がかかりますので、出来るだけ削れる費用は削っておきたいところです。
費用を削減、出来るだけ安く引っ越しをするためには、ちょっとした下準備とコツがあればOKなので、まず引っ越しを決定する前に、これらのことを意識してみてください。

まずは引っ越しの見積もりを出してもらおう

引っ越し業者を決めて契約をする前にまずは、引っ越し業者の相場価格を知ることが大切です。
料金の内訳としては、実際に引っ越しを手伝ってくれる人件費、荷物の運賃、梱包を行う際には梱包費、万が一荷物に何かあったときなどの保険料、その他サービス料金などが挙げられます。

この内訳ですが、運動業者によっては全く費用を取らないという内訳もあったり、相場の倍以上取っているという場合もありますので、出来るだけまずは、他の業者との見積もりを行って、比較をすることが大切だと言えるでしょう。
無料で見積もりだけを出してくれる店舗は数多くありますので、そういった業者同士を比較して、引っ越し代金が最も安い所に頼むというのも、一つのポイントだと言えるでしょう。

引っ越し料金の見積もりが出たら、更に交渉をしましょう

引っ越し料金の見積もりを出してもらったら、一番価格が低い所に依頼をするという方が多いかと思いますが、依頼をするよりもまずは、交渉材料にしてみるという方法を取ることで、より料金価格を安く抑えることが出来ると言えるでしょう。

一番価格が安い業者の見積もりを持って、二番目に安い業者の所に出向き、他の会社でこれくらいの見積もりを出してもらったのだがもっと安くならないかという交渉を行うことで、業者の多くは、更に金額を安くしたり、+でサービスを付けてくれたりなど、何らかのプラスアルファを用意してくれる業者が多いと言えるでしょう。
こちらは業者によっても異なりますので一概には言えませんが、出来るだけ顧客をゲットしたいことに変わりはありませんので、破格の値段で交渉をしてくれる場合が多いと言えます。

他にも、業者に預ける荷物の量を減らして、持てる範囲で出来るだけ自分で持って行ったり、業者に梱包してもらうのではなく自分で荷物梱包をしたりなど、細かくできることをやることで、引っ越しの際の料金を少し抑えられるケースがありますので、出来るだけ価格を安くしたいと考えている方は、引っ越しの際の参考にしてみてください。

Posted in 新生活の心得

rice
9月 13th, 2013 by GRjo-7uk

ルクエとは…

自炊をメインにしようと考えている方に、必ず役に立つアイテムが「ルクエ」。
その画期的な活用方法から、一時大ブームになったシリコンスチーマーのはしりです。
ルクエは、一人分の料理をつくるのに本当に役立ちますので、ぜひ2つくらい用意して、日々の自炊に役立てましょう。

まず、ルクエでお米が炊けてしまいますので、いつでも炊きたてのごはんが食べたいという方は、ルクエでチンして一食分のごはんを炊きましょう。
多めに炊けばおにぎりやお弁当にして、職場に持参することもできます。
炊飯器でまとめて炊いて、小分けにして冷凍保存……というのもよいですが、一食分を手軽に炊くことができるのであれば冷凍保存する必要はありませんし、チンしたごはんよりもとてもおいしいです。

ルクエの使用法

炊き方はとても簡単。ルクエに研いだ米1合分と水150ccを入れて、レンジで5分加熱、その後一旦取り出してしゃもじで混ぜ、さらに水を30cc加えて今度は4分間加熱。その後取り出したらまた混ぜれば完成です(炊き方については他にもいろいろな方法があるかもしれないので、書籍やインターネットなどをチェックしてみてください)。

さらに、ルクエでつくったサーモンと温野菜蒸しを添えれば、バランスのとれたヘルシーメニューが完成です。
そして、ルクエなら更に出さずにそのまま食べられるので、洗い物がなんと2つ+お箸だけ!こんなに手軽でよいのでしょうか?
ルクエの調理は基本蒸しものなので、油を使わずにヘルシーに仕上げることができますし、ガスを使用しないので危険性もありません。
料理が苦手な方でも簡単に体によい食事ができてしまうのです。

ルクエなどのメーカー品は少しお値段も効果ですが、最近はお手頃のシリコンスチーマーがたくさん売られており、サイズもかなりバリエーションがありますので、ご自身の使用用途に応じて購入し、使い分けることができるのもとっても便利。
おそらく一人暮らしをしている方の自宅には、必ずひとつはシリコンスチーマーがあるのではないでしょうか?

外食派の方も、外食が続くとどうしても野菜不足になりますよね。
たまに野菜を食べようか、というときにルクエがあれば、いちいち野菜を茹でたり焼いたりする必要がなく、切って入れてチンするだけで、おいしい温野菜がたっぷり食べられます。

ルクエを使うととっても楽!

外食派の方は、料理ができない、料理をするのが(片付け含む)面倒くさい、という理由から外食をされるかと思いますが、ルクエなら面倒くさいということはまずありません。
外に食べに行くほうがよほど面倒になってしまうかも?

Posted in 新生活の心得

egg
8月 9th, 2013 by GRjo-7uk

自炊する頻度によって決めよう!

一人暮らしが決まったら、実際に引越しする前に、
自分は自炊するタイプかそうでないかをしっかりと分析し、
それに合わせた台所用品を揃えると、無駄がないのでおすすめです。

例えば、炊飯器はよいものとチープなものになると、価格帯がかなり変わってきます。
よいものは3合炊きでも数万円することがありますが、チープなものでよければ、数千円で購入できます。

ただ、毎日自炊をする方は、あまりお安い炊飯器だと、
食事がすごくつまらないものになってしまいますので、確実に週5日はお米を炊く、
もしくはまとめ炊きでも週5日は自分で用意した食事を食べる、という方は、
一人暮らしを開始するときに、ある程度の質が確保された炊飯器を購入したほうがよいでしょう。

「最初は安いのを買っておいて、そのうちよいものに買い換えればいいから」と思う方もいらっしゃいますが、
炊飯器はなかなか壊れませんので、余裕で10年持ちます。

壊れていないのに買い換えるのは気が引けるでしょうし、落ち着いたら買い換えようと思っても、
その頃にはほかにいろいろと費用がかかって、炊飯器まで手が回らない可能性が高いです。

また、あまりお安い炊飯器を使っていると、お友達を招いてちょっとした食事をごちそうするときにも、
おいしいお米を提供できなくて寂しい思いをすることも。

日本人はなんだかんだでお米大好きですから、
例えば実家暮らしの人があなたの家に遊びに来て、チープな炊飯器で炊いたごはんを食べたとき、
「なんかあんまりおいしくない」と思われるのはいやですよね。

それなりいいお米を買っていても、炊飯器がよくないものだと、お米がおいしく炊けません。
逆に、たいしたお米じゃなくても、いい炊飯器だとそれなりにおいしく炊けてしまうのです。

自炊派か、外食派か、よく考えて検討しよう!

食生活が満たされていないと、生活全体がギスギスしたものになってきます。
そこまで予算がとれないのであれば仕方ないのですが、初めての一人暮らしであれば、
ご両親や身内の方から援助していただけるケースもあるでしょうから、
食事の基盤であるお米を炊く炊飯器は、それなりの商品を購入することをおすすめします。

自分は料理が苦手だから、自炊はほとんどしないという方であれば、
たまに自炊をするときのために、お手頃な炊飯器でも大丈夫だと思います。

いずれにせよ、事前に自炊するかどうかをよく考えてみて、
必要だと思われるものを購入することが効率的です。
まずはあなたが自炊派か外食派かをよく検討してみましょう。

Posted in 新生活の心得

super
6月 17th, 2013 by GRjo-7uk

まずは周りの環境を一通りチェック

上京してきたら、まず生活するためにマストな施設について確認しましょう。
地元でも、都内でも、生活に必要なものに大きな違いはありません。スーパー、郵便局や銀行、区役所などの公共機関、人によってはコインランドリーやちょっとしたお惣菜屋さん、こういったものがどこにあるかは、上京したらすぐにチェックする必要があります。

スーパーのチェック

スーパーについては、一番近いお店が必ずしも近隣で一番使いやすいお店だとは限りませんので、散歩がてら徒歩15分くらいのところまではいろいろと歩いてみて、いくつかピックアップしておくとよいでしょう。
値段が安いか、野菜は新鮮か、調味料などの品揃えは十分か、中に置いてある商品についても確認して、これまで地元で使っていたお気に入りのアイテムが揃っているお店を見つけておくと、上京後の生活が充実します。

使い慣れていたものが使えないというのは、意外とストレスになります。例えば、鹿児島は関東と違って、甘い醤油を愛用している家庭が多いのですが、鹿児島の醤油は都心のスーパーではまず置いていません。
けれど、醤油の味がまったく違ってきてしまうのって、自炊していく上ですごくストレスになると思いませんか?刺身を食べるときの醤油の味が違うのはつらいですよね。
なので、どうしても鹿児島の醤油を使いたい!というときは、近隣に鹿児島のアンテナショップがあるかをチェックして、醤油はそこで買うようにする、などといった一工夫が必要になります。

鹿児島の醤油についてはちょっとマニアな例ですが、同じスーパーで売っている味噌でも、いつも使っている味噌でないと、味噌汁をつくってもなんだかおいしく感じられなかったりします。
味噌汁を飲んでほっとしたい方は、近隣にいつも使っている味噌が売っているお店があるかどうか確認する。洗剤やその他の生活アイテムについても同様です。

郵便局、銀行などのチェック

郵便局や銀行などは、生活と切って話せないものになりますので、早めに場所を確認しておきましょう。
特に銀行は、自分が使っている銀行でないと、引き落としや預入に手数料がかかり、余計な出費が増えてしまいますので、メインバンクがどこにあるかをチェックするのは必須です。
郵便局をまったく使わないという方もいらっしゃらないでしょうから、同様に早めに場所を確認しておきましょう。

その他、ご自身が生活に欠かせないと思うものをリストアップし、それらの場所をチェックしておくと、新生活にストレスを感じることなく楽しめます。

Posted in 新生活の心得

station
5月 15th, 2013 by GRjo-7uk

東京の路線はとても複雑

上京したら会社や学校へ電車で通うという人が非常に多いことと思います。
東京はとにかく電車の路線数が多く、駅も小刻みに設置されているため、どの駅から乗ったらいいのかなど、最初は戸惑ってしまうこともあるかと思います。

上京後、電車通勤になる予定の人は、自分が乗る駅と降りる駅以外にも、乗る駅や通過駅を通っている路線や各路線の終点などもある程度知っておいた方がよいでしょう。
理由としては、もし乗り間違えてしまったときに、どこで降りれば元の路線に戻れるのかを知っておく必要があるということと、万が一事故などで電車が止まってしまった場合、他の路線で会社や学校の最寄り駅まで行くことができるのかというポイントをチェックするためです。

乗り間違え、遅延した時のことも想定しよう

例えば万が一乗車する電車を間違ってしまったときに、慌てて次の駅で降りたけれど、自分の目的地に止まる電車は走っていなかった、ということも十分考えられます。
次の駅で降りたのであればまだいいのですが、気付かずに何駅も乗り過ごしてしまった場合、どこで降りてどう移動すれば一番効率的なのか、路線や他の駅事情に詳しくなければいちいち調べなければいけません。
会社や学校には出勤時間・始業時間がありますからあまりのんびりもしていられません。

また電車が事故などで止まってしまった場合、人によっては他の電車への乗り換えを行う場合もあります。
これは自分の目的地が他の電車からでも行けることを知っているからできることであって、自分が普段乗る路線以外を知らなければそのまま運行再開まで同じ駅で足止めを食らってしまうことになります。
他の移動方法で行くことができるならそれに越したことはありませんし、足止めを食らわないためも路線や駅の情報はある程度知っておいた方がいいでしょう。

周囲の駅も把握しておこう

会社・学校付近の駅や自宅付近の駅を2~3駅先くらいまで知っておくのも有効です。
これも万が一電車が止まってしまった時や乗り間違えてしまったときに役に立ちます。
もし止まってしまっても自宅から2~3駅程度のところであれば歩いて帰ることも可能な距離かもしれませんし、乗り間違えてしまったときでも、この駅からなら歩けば辿り着くことができる、という駅に行くことができる電車かもしれません。

東京は特に駅と駅の間の距離がそれほど大きくはないので、駅の情報をより知っておくことで、普段の移動をより便利にすることができるようになりますよ。
上京後でもいいですので、一度チェックしておきましょう。

Posted in 新生活の心得