Category: お出かけ

12月 23rd, 2016 by GRjo-7uk

都心に存在する日本初の動物園

上野動物園は1882年にオープンした日本初の動物園です。
広い園内は東園と西園に分かれており、約400種3000点の動物が飼育されています。
日本で初めて飼育された動物や、希少な動物など、様々な種類の動物が展示されているので時間をかけてのんびり回ると良いでしょう。

また、東園と西園の間には上野懸垂線というモノレールが走っています。
上野モノレール、上野動物園モノレールとも呼ばれるこの路線は、上野動物園東園駅と上野動物園西園駅の二駅を結んでいます。

全長0.3kmと距離は短いですが、日本で最初に開業したモノレールです。
一見すると動物園内のアトラクションかと思えるこのモノレールは、鉄道事業法に基づき交通機関として東京都交通局が営業運転を行っています。
レールの下に車両が吊るされるようにして走る懸垂式モノレールは都内ではここだけです。

自然豊かな中でゆったりと過ごす動物を楽しめる東園

上野動物園といえば、パンダといった印象を持つ人も多いでしょう。
1972年に日本で初めてジャイアントパンダが中国から来園した際には大変な賑わいを見せ、パンダブームが起こりましたが今でも上野動物園の人気者です。
現在はオスのリーリーとメスのシンシンの2頭が飼育されています(2016年4月現在)。

パンダは食事の時以外はあまり動かず、寝ていることが多いので動くパンダを見たい人は開園直後を狙って行きましょう。
上野動物園の開園時間、9:30頃はちょうどパンダの食事タイムと重なるので、一心に食事をするパンダの姿を見られるチャンスです。

ゴリラの住む森

それぞれの生息地の自然に合わせた環境を備えたゴリラ・トラの住む森では彼らの習性や生活している姿を見ることができます。
森林の開発や乱獲によって頭数が少なくなった、希少動物のスマトラトラが飼育され、吠える姿や声は迫力満点です。

上野動物園には東山動物園で「イケメンゴリラ」として人気者になった、ニシローランドゴリラのシャバーニの兄「ハオコ」もいます。
群れで暮らすゴリラの家族の様子が楽しめます。

動物とふれあえ、不忍池で野鳥観察もできる西園

西園には小型の動物を50種類以上展示している小獣館があります。
1階では小型の哺乳類、地階では昼夜を逆転させて昼間は寝ている夜行動物の行動を観察することができます。
全身にほとんど体毛がなくインパクトのある名前のハダカデバネズミや、丸い顔が可愛らしいマヌルネコなどが飼育されています。

子ども動物園では、家畜が放し飼いにされており、ヤギや羊、ニワトリなどがいます。
また、広大な天然の池「不忍池」ではツルやペリカン、オオワシなどが展示されています。
冬になるとカモやカモメなどの渡り鳥も飛来しバードウォッチングにも適しています。

Posted in お出かけ

11月 28th, 2016 by GRjo-7uk

身近にある水について学べる科学館

普段わたしたちが何気なく飲んでいる水は、蛇口をひねると当たり前のように出てきます。
あまりにも身近すぎて意識することの少ない水ですが、どこで生まれ、どのようにしてわたしたちの元へと届くのでしょうか。

そんな水の不思議を知ることができる施設が、東京都水道局が運営する東京都水の科学館です。
入場料無料で、充実した展示は子供だけでなく大人もなるほどと思うものがあるはずです。館内の展示を詳しく紹介します。

触って、遊んで、体験して知る水の不思議

館内に入ってすぐに目に入るのは、10mの高さから水が流れる巨大な滝。
その下には小さな子供も遊べる大きなプールに水遊びができる様々な道具が揃っています。

プールには透明のドーム状になっている箇所があり、下からもぐりこめば中から顔を出すこともでき、スイッチを押すと上から水が降る仕掛けもあります。
子供連れで遊びに行く際には服が濡れるので着替えを持って行くことをお勧めします。

アクア・ラボラトリーではその名前の通り、水に関する実験を見たり体験することができます。
5種類の実験装置を使って水がどんなものなのか知ることができ、中でも大きなシャボン玉の中に入れる「巨大シャボン」は人気です。

「水の実験ラボ」では目の前でアテンダントさんが様々な水を用いた実験を行います。
巨大な真空装置を使った実験では水が一体どうなってしまうのか、ぜひみなさんの目で確かめてみてください。

アクア・タウンでは暮らしの中にある様々な水について学べる展示が充実しています。
おいしい水を届けるためにどのようなことが行われているのか分かりやすく解説されています。

キッチンやトイレなど家庭の中にある身近な水についても知ることができ、水について再発見できる場所です。
クイズコーナーでは全問正解するとファンファーレが鳴り、巨大な蛇口から水が流れる演出を見ることができます。

アクア・トリップは前方・左右・天井に映し出される大迫力の映像で、まるで自分がその中に入り込んでしまったような感覚が味わえます。
水の粒になった気持ちで森を出て川をくだり、様々な冒険しながら蛇口に辿り着くまでを体験できます。
上映時間が決まっているので事前にチェックしておきましょう。

水が流れる出発地点となる森をイメージした展示、アクア・フォレストでは探検しながら生き物を探したり、体を動かしてクイズに答えることで自然や森に関して知ることができます。

アクア・ツアーは水の科学館地下にある「有明給水所」をアテンダントさんと共に探検できる大人にとっても興味をそそられるツアーで、稼動している本物の給水所を見られるまたとないチャンスです。
時間帯は当日窓口で確認が必要です。

Posted in お出かけ

10月 18th, 2016 by GRjo-7uk

東京湾を臨む、潮風に吹かれる心地よさ

東京で暮らす中で、都会の忙しさや日々の疲れを癒してくれる最も身近な水辺が東京湾です。
ゆりかもめの「お台場海浜公園」もしくは「台場」から徒歩3分、りんかい線なら「東京テレポート」駅から徒歩7分のところに砂浜や磯がひろがります。

天気がよければ周辺を散歩するのにも良く、潮風が気分をリフレッシュさせてくれます。
朝早く観光客が少ない時間帯に行けば、犬を連れた人たちがのんびりと散歩を楽しむ様子や朝日に照らされる東京湾が見られ、夕暮れ時には美しいサンセットやライトアップされたレインボーブリッジを楽しめます。

白い砂浜がひろがるおだいばビーチ

お台場海浜公園には全長約800mの人工の砂浜「おだいばビーチ」がひろがります。
おだいばビーチから臨む景色は、対岸にそびえるビル群やレインボーブリッジなど都会の様相を残しつつも、穏やかな水面と砂浜に一時の安らぎを与えてくれるでしょう。
夕暮れや暗くなってからはデートスポットとしても人気があります。
潮風に吹かれながらのんびり海を眺めたり、ビーチスポーツ観戦に興じるなど様々な楽しみ方ができます。

のんびりと釣りを楽しんでリフレッシュ

意外かもしれませんが、お台場では釣りをすることもできます。
台場駅から展望デッキに向かって歩き、自由の女神像が立つこのあたりは年間通して釣りが出来る場所です。
エサと釣竿など一式持って行けば無料で誰でも楽しむことが出来るスポットになっています。

ハゼやセイゴ、フッコ(スズキの若魚)などが釣れ、もちろん持ち帰って食べることも可能です。
ただし、投げ釣りは禁止、釣りができるエリアも自由の女神像周辺に限られており、海上バス乗り場やおだいばビーチでは禁止されています。
事前に注意事項や釣りができる場所を確認してから行くようにしましょう。

絶好の撮影スポット

写真好きの人にとって、お台場海浜公園は絶好の撮影スポットになるでしょう。
特に、夕暮れや夜の景色は非常に魅力的です。
夕陽に染まる東京湾やライトアップされたレインボーブリッジなど、これぞ東京!と言えるような景色を撮影できます。
お台場海浜公園からの撮影では、レインボーブリッジを自分の好みの方角から捉えることができるので歩きながらベストスポットを探すのも楽しいでしょう。

お台場海浜公園の周辺施設

お台場海浜公園周辺には様々な施設があり、観光やショッピングも楽しむことが出来ます。
屋内型アトラクション施設、東京ジョイポリスを含むデックス東京ビーチには飲食店やショップが入っており、テラスから見る景色もお勧めです。

デックス東京ビーチの隣には約120店舗の飲食店やショップを含むアクアシティお台場もあります。
アクアシティお台場内にある都内最大級の13スクリーンを持つシネマメディアージュで映画も楽しめるので丸1日お台場を満喫できます。

Posted in お出かけ

9月 20th, 2016 by GRjo-7uk

屋内でもスリル満点の迫力あるアトラクション

観光客も多く訪れるお台場の中にある東京ジョイポリスはデックス東京ビーチ内にある屋内型のテーマパークです。
国内最大級の規模を誇る屋内型テーマパークだけあり、バラエティに富んだ約20種類のアトラクションを設けています。
すべてのアトラクションが建物内にあるので、天候に関係なく遊べる点もメリットです。
その他にも館内では期間限定の様々なイベントやゲームコーナーもあり存分に楽しめる東京ジョイポリスにあるアトラクションの魅力を紹介します。

ヴェール オブ ダーク

屋内型のアトラクションとはいえ、あなどってはいけないのがこの「ヴェール オブ ダーク」です。
ストーリーは、5年前に原因不明の爆発事故で閉鎖されてしまったとある研究施設がある街で、行方不明者が多発するようになったことから始まります。
軍の特殊部隊が派遣されて潜入するも、消息がわからなくなったことからプレイヤーは特別調査チームの一員として捜査に乗り出します。

コースターに乗り施設に入ると迫力あるデジタル映像が映し出され、シューティングゲームを楽しんだ後は館内の吹き抜けを一気に駆け抜けるスリルを味わえます。
入り口から近いところにあるので目立ち、人気のアトラクションです。

ハーフパイプ トーキョー

東京ジョイポリス内でも高い人気を誇るのが「ハーフパイプ トーキョー」です。
スケートボードのハーフパイプのようにボードに立ったまま乗ると、加速しながら振り子のように揺られます。
足元のペダルを踏むとボードが回転し、ポイントが加算される仕組みになっているのでタイミング良く踏み込んで回転数を上げると高得点が狙えます。
2人乗りでポイントを競う「SPIN-BATTLE」では2人の協力が重要になるので、カップルや友人同士で優勝を目指すのも良いですね。

ストーム ジー

「ストーム ジー」はボブスレーのような乗り物を模した近未来ソリ型ライドに乗り、レースに参加するゲームです。
画面上で体感できる最高速度は時速300km以上とスピード感抜群です。

そして一番の注目が、このライドが360度ぐるりと回転する点にあります。
左右のスティック上部にある回転ボタンを押すと座席がぐるぐる回転し、スピードが上がります。
2人で息を合わせて押せば連続2回転もでき、回れば回るほど加速していきます。
スピードとスリルの両方を味わえるアトラクションです。

フォーチュンフォレスト

ハードなアトラクションが続いたら、森をイメージした「フォーチュンフォレスト」でゆっくりと過ごしてはいかがでしょう。
ここではルーン占いによって自分の運命や2人の相性を占うことができます。

受付でクリスタルをもらったら、名前や生年月日を入力し、自分についての占いか相性占いかを選びます。北欧神話に基づいた神秘的な空間で、過去・現在・未来について質問に答え、すべての質問に答えたら診断結果をもらえます。
2人で相性占いをして、運が良ければ選ばれたものしか入れない「フェンリルの洞窟」に進めるチャンスもあります。

Posted in お出かけ

8月 21st, 2016 by GRjo-7uk

音や光、映像を組み合わせた新感覚の水族館

エプソンアクアパーク品川は2015年7月にリニューアルオープンした水族館です。
今までの水族館のイメージをがらりと変えてしまうような音・光・映像を駆使した演出は驚きと癒しを与えてくれます。
品川駅から徒歩2分とアクセスが良いのもメリットです。
1階と2階、全11フロアで構成されているエプソンアクアパーク品川の、すべてのエリアを紹介します。

GROUND FLOORのみどころ

1階は、インフォメーションセンター的なエントランスから、小さな水槽類が並ぶフロアです。
入り口となるパークエントランスでは美しい映像が映し出された水槽に魚が泳ぎ、アートフラワーが飾られた華やかなスペースがひろがっています。
チケットの購入やイベントスケジュールの確認もこちらでできます。

マジカルグラウンドでは、タッチパネルになっている水槽に触れて落ち葉の中に隠れている魚を探したり、美術館のような洗練されたアートフラワーと水槽の魚たちを組み合わせた水槽を見ることができます。
アトラクションエリアには海の生き物たちのメリーゴーランドや海賊船を模した乗り物が揺れるポート・オブ・パイレーツもあります。

また、コーラルカフェバーというカフェもあります。
ブラックライトによって淡く照らされたサンゴがロマンチックな雰囲気をつくるカフェバーでは、ソフトドリンクだけでなくアルコールの提供もあります。
ボトルタイプの飲み物はアルコールもソフトドリンクもそのまま館内で持ち歩き可能です。

広いスペースにクラゲが漂う水槽がいくつも並んでいるジェリーフィッシュランブルでは、様々な音と光で色鮮やかに演出されます。
時間や季節によって演出も異なり、春の桜や秋のハロウィンなど行事に合わせて変わることもあります。

UPPER FLOORの魅力

二階は水槽の他に、標本も飾られており、知的好奇心がくすぐられるフロアとなっています。
リトルパラダイスには、9個の水槽群が並び、展示のテーマが定期的に変わり、何度訪れても楽しめます。

長さ20mのトンネル状の水槽「ワンダーチューブ」では、頭上を魚が泳いでいく姿を見ることができます。
マンタ、ドワーフソーフィッシュ、エイなどを間近に楽しめます。

様々な生き物の標本をアートのように美しく飾ったスペース「ライフミュージアム」もあります。
ウニの骨格やサメの歯などの標本をじっくり観察できます。

アクアジャングルでは、イグアナなどの爬虫類や淡水に生息するエイなどが展示され、ジャングルを探検している気分で見て回れます。
人気のカピバラもこちらにいます。

ワイルドストリートでは、オットセイやカワウソ、ペンギンなどの動物たちの日常を観察できます。
このエリアでは飼育スタッフさんがごはんをあげながらそれぞれの動物の生態などを解説するフィーディングタイムというイベントも行っています。

このほかにも、アシカやオットセイによるミニパフォーマンスショーのあるフレンドリースクエアや、イルカショーが行われているザ スタジアムなど、見どころたっぷりのフロアです。
特に、ドルフィンパフォーマンスは360度どこからでも見られる円形プールが見ものです。
光と音の演出、ウォーターカーテンなど、プログラムも多彩になっていて楽しめるでしょう。

Posted in お出かけ

7月 26th, 2016 by GRjo-7uk

サブカルチャーの聖地秋葉原とは

クールジャパンという言葉も浸透し、今やアイドルやアニメといったオタク文化は日本を代表する文化として世界へ発信できるものにまで成長しました。
その中心、聖地とも言える場所がアキバこと秋葉原です。

秋葉原が発展するきっかけとなったのは第二次世界大戦後の闇市でした。
その後、高度経済成長期に入りジャンク品を扱う商店から多用な電子機器、ソフトウェアやハードウェアを扱う店舗が広がり大規模な電気街として発展していきます。
1980年代に入りゲームブームが到来するとコンピューターゲームのソフトやゲーム関連の商品を販売する専門店が登場し、1990年代後半に入って美少女アニメやゲームが広く一般にも知られるようになると、アニメやゲーム、音楽・映像ソフトなどを扱う店が増加しはじめます。
現在でもその勢いは衰えることなく、日々アニメ・ゲーム・アイドルなど様々なジャンルのサブカルチャーが発信され、海外からの観光客も多く訪れる街になっています。

初めての人は秋葉原案内所へ

初めて秋葉原を訪れる際、知っておいて便利な施設が秋葉原案内所です。
秋葉原駅すぐにある観光案内所では無料で「秋葉マップ」を受け取ることができるだけでなく、秋葉原に詳しいメイドさんが人気スポットなどを案内してくれます。
この秋葉マップは一枚の地図に秋葉原の有名店や人気店はほぼ掲載されており、しかも月に1回程度更新されているので最新の情報を手に入れることができます。
営業時間が12:00~17:00なのでその点に注意しましょう。

東京アニメセンターもある秋葉原UDX

秋葉原UDXは秋葉原クロスフィールド内にある、イベントスペースやギャラリー、レストランなどを備えた複合施設です。
1階から3階には様々な飲食店が並ぶ「AKIBA ICHI(アキバ・イチ)」、1階にはスーパーマーケットや薬局、郵便局などがあります。

アニメ好きな人にぜひ訪れていただきたいのが4階にある東京アニメセンターです。
その時々により様々な展示が行われ、アニメで使われた貴重な資料や原画を見られるチャンスもあります。
ショップでは最新アニメの関連グッズやイベント限定商品などもあり、ファンにはたまりません。
JR秋葉原駅の歩行者デッキと二階が連結しているためアクセスも便利です。

 

電子機器からフィギュアまで、買い物するならラジオ会館

買い物目当てで行くのなら、秋葉原ラジオ会館、通称ラジカンに足を運んでみましょう。
約30の店舗があり、オーディオショップや電子部品の他、カードゲームショップや同人誌、フィギュアを扱う店舗があります。
中には防犯カメラや小型特殊カメラを扱う店もあり、幅広い品揃えで秋葉原らしいニッチな商品も見られます。

1階にはコンビニの他、秋葉原限定のお土産を扱っているギフトショップもあります。
覗いてみるだけでも秋葉原の様々な面を楽しめます。

Posted in お出かけ