新生活のスタートには断捨離

新生活のスタートを切るために大切な断捨離!

新生活のスタートを切る際に、何かと荷物の整理をしたいと考えている方は多いかと思いますが、引っ越しの際に掃除をしても、荷物が全く減らずに困っているという方も少なくないのではないでしょうか?

引っ越し前は特に、新生活に余計なものを持っていかないためにも、思い切って断捨離の精神で掃除に臨むことが大切です。
断捨離は、自分にとって本当に最低限必要なものだけ、本当になくてはならないものだけを持っているという思い切った考え方ですが、そうでもしないといつまで経っても片付きませんので、本気で片付けたいのであれば、断捨離を行うことをお勧めします。

断捨離を行うコツとしては、主にこのような考えをすることが大切であると言えるでしょう。

一年以上使っていないものや服はすっぱり捨てる!

断捨離の際に必要なのは、すっぱり捨てるという潔さです。
なので、洋服やカバンなどは特に、一年以上使っていないものに関しては、きれいさっぱり捨ててしまうという風に基準を設けることが大切であると言えるでしょう。

このようにある程度期限をつけて捨てるようにしないと、非常にあいまいな価値観のもと掃除が行われていきますので、「これは使うかも…」「あれもいつか使うかも…」と、全く捨てられない状況に陥ってしまいますので、そうならないためにも、期間で判断すると、明確に捨てることが出来ると言えるでしょう。

もちろん、喪服やスーツなど本当にいつか利用するものであれば取っておかないといけませんが、例えば私服だったりする場合は、その対象からは外れると言えるでしょう。

いつか使うから、は、大体一生使わない

掃除が出来ない、断捨離が出来ないというような方の中には、「このビニール袋はいつか使うかもしれないから取っておく」「あの紙袋はいつか使うかもしれないから取っておく」などのように、どんどんとため込んで行って、どこに何がしまってあるのかもわからないまま、スペースだけが埋まっていくという状態です。

結論から言いますと、そうやってため込んでいったいつかの畜産物は、せっかくため込んでも残念ですが、大抵の場合、一生使われることはありません。
いつ使うかわからないようなものにスペースを省くのは非常にもったいないことですので、余程具体的に使うビジョンがない限りは、いらないものを取っておくことはやめましょう。

新生活のスタートを気持ちよく切るためにも、断捨離の精神で掃除をすることが欠かせません。
断捨離はちょっとのコツさえ掴んでしまえばだれでも簡単に出来ますので、家がもので溢れかえっていて掃除にすら困っているという方は、まずは試してみてはいかがでしょうか?

1月 26th, 2018 by