部屋を広くみせるテクニック

家具のレイアウト次第で部屋は広く見える!

一人暮らしをする際には、自分の部屋を自分の好きなようにデザイン、インテリアを配置することが可能ですので、うきうきするという方もいるかもしれません。
ですが、レイアウトを間違えると、部屋が狭く感じてしまい、住み心地が悪く感じる可能性がありますので、家具を配置する前には、出来るだけ部屋が広く見えるように、開放感のあるレイアウトを心がけることが大切です。

例えば、このようなレイアウトを心がけることで、同じ広さの部屋でも、何だか開放感のある、広々とした部屋に見せることが可能だと言えるでしょう。

大きい家具を中心にレイアウトをしていく

レイアウトをする際には設計図を書いて考えるという方もいるかと思いますが、設計図を描く際には、大きな家具から配置をしていくことが大切です。

大きな家具と言えば、ベッドやソファ、テレビなどが挙げられますが、こうした大きな家具を出来るだけ部屋の隅に置くように配置をすることで、空間を広く見せることが可能になると言えます。
そのため、出来るだけ部屋を広く見せるためには、隅の空間を上手く活用することをお勧めします。

動線の確保は必ず行うこと

レイアウトを行う際に最も重要となるのが、日頃の生活を邪魔しないように、動線を確保することが大切だということです。
動線の確保が出来ていないと、家具によくつまずいたりぶつかったりするだけではなく、見た目が何だかごちゃごちゃとして、まとまりがないインテリアになってしまう可能性が高いので、必ず動線を確保するように心がけて、インテリアをレイアウトしてみてください。

理想を言えば、部屋の入り口から窓(ベランダ)に至るまで、まっすぐに慣れることが理想ですが、そうなれない場合でも、出来るだけ生活の邪魔にならないような配置を心がけてみてください。

家具家電の色合いも重要

家具や家電を好きな物を選んで配置することが出来るのも一人暮らしの特徴ではありますが、あまりにも当為痴漢の無い物ばかり選んでしまうと、気が付いた時には部屋のインテリアがバラバラで、ちぐはぐな状態になってしまいます。
ちぐはぐな状態も部屋を狭くするポイントの一つだと言えますので、どのようなカラーリングで統一をするのか事前に決めて、お気に入りの家具を購入するようにしてみてください。

お気に入りの家具以外にも、カーテンやベッドシーツ、カーペットなどもうまく使うことで、部屋の雰囲気をぐっと引き締めることはもちろん、部屋に統一感を持たせて、何だか広々と見せるために効果的であると言えますので、ぜひ小物関係を選ぶ際にも、広さを意識て統一感を持たせるようにしてみてはいかがでしょうか?

12月 27th, 2017 by