都会生活に疲れても熟睡できるコツ

都会生活で疲れがぐったり溜まってしまったら…

東京都心で一人暮らしを始めて数か月。
何かと慣れてきたものの、そろそろ疲れがたまってくる時期という方も少なくないのではないでしょうか。

日頃の疲れをそのまま蓄積してしまうと、体調不良などの原因にもつながりかねせんので、出来るだけ早く解決をすることが大切です。
疲れをしっかりと取るためにはまず、毎日の睡眠の質を見直すところから始めるようにしてみてください。

日頃の疲れを取るためには、このようにして睡眠の質をアップさせるようにしてみましょう。

アロマの力でぐっすりリラックス

アロマを炊いたことが無いという方は少なくないかと思いますが、匂いというものは神経にも働きかけて、そのまま安定させ、リラックスさせる効果が期待できます。
そのため、ラベンダーなどの落ち着く効果が期待できるアロマや、アロマ機能付き加湿器などを利用して、香りを使ったケアをしてみることをお勧めします。

アロマ機能を使うことで、無意識のうちに睡眠の質を向上させる効果が期待できるでしょう。

枕や布団を変えると一気に眠れます

睡眠の際には欠かせないと言えるのが、枕や布団などの寝具アイテムです。
こんな寝具を変えるだけで、簡単に疲れを取りやすくなりますので、必ず自分に合っている寝具を日頃から利用するように心がけてみてください。

寝具を選ぶ際には、実際に寝転がってみて、自分が寝やすいと感じるタイプの寝具を選ぶことが大切ですが、自分に合っているものがわからない場合はまず、マットレスと枕から見つめなおすようにしていきましょう。
マットレスは固すぎず、沈み込み過ぎない、自然な背中のS字カーブが補綴されているものを選び、枕も、高すぎず低すぎない、好みのものを選ぶように心がけてみましょう。

また、体が冷えないように、寝具も冬なら分厚くて暖かい物を選んだりすることが大切です。

眠る前のブルーライトは非常に危険

また、夜ぐっすりと眠るためには、ケータイやパソコンをいじり過ぎることはご法度です。
これらのアイテムはブルーライトと呼ばれる光を発していて、眠る前に長時間見ることで、神経が落ち着かなくなり、何となく寝つきが悪くなってしまう可能性が高いと言われています。

もちろんこちらは非常に危険な状態ですので、出来ることであれば最低でも、眠る一時間くらい前には、ブルーライトが無いような環境で過ごすように心がけてみてください。

このように、ちょっとしたことを心がけることで、睡眠の質が倍以上アップする可能性が高いので、日頃の疲れを取るためにもまずは、睡眠の質を向上させるためのポイントを押さえて、生活をするように心がけてみることをお勧めします。

3月 26th, 2018 by