敷金トラブルを回避する方法

敷金トラブルはどんなお家でも起こっている…

敷金とは、マンションなどを借りる際に管理会社に支払うタイプのお金で、万が一賃貸としている部屋に何かあった場合や、退去の際などにトラブルがあった場合、その敷金から修理費用や掃除費用を徴収して、次の人に問題なく貸すことが出来るようにお手入れをするための料金です。

そんな敷金ですが、退去の際にトラブルに巻き込まれたという方が多く、敷金を返してもらえなかったと、嘆いている方は少なくないのです。
トラブルに自分がまきこまれてしまわないためにも必ず、事前にこのようなことを確認しておくことが大切だと言えるでしょう。

引っ越ししたての状態を細かく写真に撮っておきましょう

まず最も大切だと言えるのが、引っ越しを仕立ての際に、引っ越しをした段階で部屋中の写真を収めておくべき点だと言えるでしょう。

特に傷がついている所、汚れてしまっているところなど、自分が汚したりしたのではない、元からついている部分を、必ず写真で納めておいてください。
退去の際にそれが唯一の証拠となり、敷金から減額されることなく、何十万円ものお金が全額手元に返ってくるケースも少なくないと言えるでしょう。

敷金から減額される例はどんな事態?

敷金から減額をされてしまう例として挙げられるのが、例えば、壁紙のシミ汚れ、鍵の取り換え、障子の張り替えなど、いくつかの減額ポイントが挙げられます。
減額ポイントを克服できるだけしておかないと、減額どころか全額引かれてしまったり、むしろこちらがまたプラスで支払わなければいけなくなってしまう可能性がありますので、十分注意が必要です。
部屋は日ごろから綺麗に使うように心がけて、煙草を吸いたいときは、換気扇がベランダに行っていくように心がけることで、部屋を綺麗に使うことが出来ると言えるでしょう。

敷金を巡ったトラブルの改善策

現在進行形で敷金を使ったトラブルに関しての報告は、残念ながら後を絶ちません。

敷金が返ってくるかどうかで、次の引っ越し先の生活の基準や、お金の面なども考えることになりますので非常に重要なポイントだと言っても過言ではありませんが、もしトラブルになった際には、賃貸住宅標準契約書などを確認し、どのような負担までなら大丈夫かなど、入居者には非常に優しい項目が書かれていますので、マンション入居を決める前にこうした契約書によく目を通して、問題が無いかどうか確認をしてから購入をするように心がけましょう。

敷金によっては、一気に60万円前後のお金を失うのか、それとも一攫千金が戻ってくるチャンスなのか、チャンスを生かすも殺すもあなたの行動次第だと言えますので、色々と行動しましょう。

2月 25th, 2018 by