井の頭恩賜公園

井の頭恩賜公園ってどんな公園なの?

井の頭恩賜公園は、通称井の頭公園とも呼ばれる、吉祥寺駅から歩いて間もない所にある、非常に大きな公園のことを指します。
恩恵公園自体の入園料は無料で、日々、様々な方々が訪れては、それぞれ思い思いの時間を過ごしていることで知られています。
井の頭公園はただの公園ではなく、様々な遊ぶスポットがあることでも知られていますので、井の頭恩賜公園に行った際には、このような場所に足を運んでみてはいかがでしょうか?

定番はやっぱりボート乗り場

井の頭恩賜公園のど定番と言えばやはり、井の頭池を漕ぎ出すことが出来る、ボートでしょう。
ボートの種類は全部で三種類で、井の頭定番のスワンボート、手漕ぎボートしておなじみのローボート、足で漕いで乗るタイプのサイクルボートなど、多種多様なボートで池に繰り出すことが出来ると言えるでしょう。
料金は現在、ローボートは60分で700円(大人三人まで乗船可能)、サイクルボートは30分600円(大人二人と、子供一人まで乗船可能)、そして人気のスワンボートは、30分700円(大人二人+子供二人まで乗船可能)となっていますので、比較的お手軽に乗ることが出来ると言えるでしょう。

井の頭自然文化園で動物と触れ合う

井の頭公園には実は、様々な動物たちを見て触れ合うことが出来る、井の頭自然文化園と呼ばれるスポットも存在しています。
井の頭自然公園の最大の魅力と言えるのが、大量にモフモフとしている、人懐こいモルモットに触れることが出来るということです。
抱っこする体験をすることも出来ますので、生き物との触れ合いをしたい、とにかくモフモフしたいと考えている方には、正にぴったりのスポットと言えます。

入園料は現在、大人が400円、中学生が150円、小学生以下は無料となっていますので、気軽に入ることが出来るのも魅力だと言えるでしょう。

近隣には他にも様々なスポットが多数存在!

井の頭恩賜公園ではこのように様々なスポットがあることで知られていますが、公園内だけではなく、様々な観光スポット、ぶらりスポットがあると言えるでしょう。
例えば、少し歩けば、「ジブリの森美術館など、一か所で楽しむことが出来るスポットも用意されていますので、公園を巡った後に訪れることもおすすめだと言えます。

また、吉祥寺近辺にはオシャレなお店やカフェなどがたくさんありますので、ちょっと休憩をする際にもピッタリだと言えるでしょう。

このように、様々な要素が色濃く組み合わさっている地域として知られている、井の頭恩賜公園。
様々な事柄を体験するためには正にぴったりの地域ですので、休日にぶらっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

9月 29th, 2017 by