東京ドームシティ

見どころ満載!東京ドームシティ

読売ジャイアンツの本拠地として有名な東京ドームは、1988年に開場した日本初の屋根付き球場です。
広さの例えで東京ドーム○個分と表されることでもお馴染みの建物です。

東京ドームと言えば、野球観戦やコンサートといったイメージを持つ人が多いと思いますが、実はそれ以外にも周辺に見どころはたくさんあります。
たっぷり遊んで癒されて、東京ドームシティの見どころを紹介します。

疲れた人にはスパラクーアで癒しのひととき

スパラクーアは天然温泉を利用したスパゾーン、低温サウナのあるヒーリングバーデ、休憩ラウンジなどを設置し、日頃の忙しさや疲れをリフレッシュすることができる施設です。
スパゾーンでは地下1700mから湧き出る天然温泉を使用した露天風呂や大浴場の他、サウナもあります。
お湯は澄んだ琥珀色で、肩こりや冷え性、疲労回復の他、保湿・保温効果もあるため美肌にも良いと言われます。

アメニティもタオルやクレンジングまで揃っている他、化粧品やバスグッズといった必要なものをショップで購入することもできるので手ぶらで行けるのもメリットです。
ヒーリングバーデでは室温が40度~50度の岩盤浴効果のある低温サウナがあり、ゆっくりとデトックスを体験できます。

広々としたラウンジでは個々のモニターで好きなテレビを見たり、タブレットでインターネットを楽しむこともできます。
女性専用のラウンジもあるため、おひとり様で行っても安心です。

アクティブに過ごしたい人には東京ドームシティアトラクションズ

2003年に「後楽園ゆうえんち」から名称を変更して営業を続けている「東京ドームシティアトラクションズ」は1日しっかり遊びたい人にも、時間がないけれども楽しみたいという人にも適した遊園地です。
入園料無料なので、滞在時間があまり取れない人は目当てのアトラクションの乗物券だけを購入して楽しむことができます。
1日しっかり遊びたい人や、たくさんのアトラクションで遊びたいという人には好きなアトラクションに何度でも乗り放題のワンデーパスポートがあるので、そちらを購入するとよいでしょう。

最高速度が時速130kmにもなるサンダードルフィンは、ビルに開けられた穴や観覧車の中をくぐり抜けて走るスリル満点なコースターで人気です。
最初はゆったりと流れる景色を満喫しながら進んで行き、最後は高さ13mから豪快に水面へとダイブするワンダードロップは水しぶきを浴びて爽快感も抜群です。
濡れるのが嫌な人にはポンチョ(有料)もあります。

遠くから見ても目立つ観覧車、ビッグオーは中心から伸びる軸が無い、世界でも初めてとなるセンターレス大観覧車です。
夜になると観覧車全体がライトアップされ、地上80mから見下ろす東京の街はロマンチックでデートにも向いています。
サンダードルフィンが真ん中にぽっかり空いた穴の中を走っていく様子も見ることができます。

6月 21st, 2016 by