学生マンション

学生マンションの定義とは

学生マンションとは言葉の通り、学生が住むマンションのこと。
最近では一般賃貸物件の中でも、学生のみ住むことが出来るマンションって多いんですよ。

具体的にいえば、入居者は学生のみ、そして物件のグレートが高いという特徴があります。
学生専用なので、やはり大切な我が子を一人暮らしさせることを考えたセキュリティ面重視なマンションが多いですし、オートロックなどの設備は当たり前です。

防犯カメラ、ピッキング防止などが標準完備されていますし、管理人がいるマンションもあります。
それだけセキュリティが充実していると、やはり賃貸料は高いですし一般のマンション並みの更新料を払わなければいけないマンションもあります。

経済負担は大きいが安心できるマンションが多い。
学生にとっては、どういったマンションを選べば良いのか迷うところですね。

もしマンション選びに迷ったら、どういった基準で選べば良いのか?
初めて学生マンションを選ぶ際は、注意しなければいけないことが多々あります。
まずは、学生マンションのメリット、デメリットをふまえて選んでいきましょう。

一般のマンションと比べると学生マンションの物件数は少ない傾向にあります。
そこで、場所や設備、賃貸料の選択わっくが少なく選ぶにも選べないという点にも注意が必要。
たくさんの物件を扱う不動産で、色んな物件を見て比較することが大切です。

実際、学生マンションってどうなの?

首都圏では、2009年度の新入生平均賃貸料は、5万円代だと言われてます。
一昔前の学生マンションの賃料とは全く違いますよね。

管理費込で1万円近い管理費を取るマンションもあるので、賃料差はかなり大きいと考えられます。
また、学生マンションは埋まらないとどんどん賃料が減っていきます。
早めに借りると後々賃料が下がり損をするという場合もあるのです。

学生マンションのセキュリティは高いですし、学生であるだけで審査が通るので、かなり簡単に借りることができます。
そこで、マンション内ではかなり気を付けたほうが良いかもしれません。

学生マンションメリットとデメリット

学生マンションの入居は学生のみとなっています。
また、セキュリティが整っているのはとてもメリットですね。
部屋はとても設備がしっかり整っていますし、アルバイトや学校の時間関係なく利用できて、利便性が高いといえます。

でも、数が限られているので早めに見つけておかないと入居希望学生でいっぱいになります。
早めに契約してしまうと賃料が高いという点から、借りるタイミングにも気を付けないといけませんね。

学生マンションでよくあるトラブルは騒音トラブルです。
周辺に住んでいるのは学生が多いでしょうし、学生の一人暮らしにしてはとても贅沢な設備が完備されているので、気にせず騒いでしまう学生も・・・。

学生マンション選びはとても迷うことが多いでしょう。
メリットやデメリットをふまえて、あなたに合ったマンションを選んでくださいね。

6月 25th, 2015 by