1. >
  2. >
  3. ワンルームをスッキリさせて快適に暮らす

ワンルームをスッキリさせて快適に暮らす

 

ワンルームは収納が少なくモノがあふれがちです。整理整頓してもすぐに散らかってしまうとあきらめてしまう人もいるでしょう。しかし、コツさえつかめば毎日使うキッチン道具や洋服の収納はスッキリできます。ここでは、一人暮らしのワンルーム空間を快適にするために知っておきたい収納テクニックを紹介します。

クロ―ゼットの洋服の収納方法

クローゼットに収まらない洋服で悩んでいる人も少なくありません。あくまでも洋服はクローゼットにスッキリと収まる量のみを所有することを心がけます。つまり一度整理したら終わりではなく、新たに購入したらいらない洋服は捨てるくらいの気持ちでクローゼット内を管理していきましょう。
 
 

本当に必要な洋服を把握する

 クローゼットの整理は、いらない服といる服の仕分から始まります。着続けたいお気に入りの服、年齢的に似合わなくなってきた服、一度も使用していない服・・・その中で、もう使用しないと判断した服はスパッと手放し、クローゼット内をスッキリさせましょう。
 

かさばる洋服はスリムハンガーでスッキリ収納

 ハンガーに厚みのあるものを使用していませんか?そういう言った場合はスリム設計のハンガーを使うだけでクローゼットの空間に余裕ができ見た目も良くなります。また、ハンガーは、同じものに種類を統一するだけで、クローゼットが片付いたように見えます。
 
 

吊り下げホルダーを使って積む収納

 Tシャツやインナー類はホルダーに積んで収納すると見つけやすくなり便利です。引き出しから取り出すよりも選びやすく時短になります。着たいものを選んで取り出し、洗濯したらまた上に積んでいくだけです。ニット類などハンガーにつるすと伸びてしまうものの置場としても重宝します。

 

不用になった服や靴は買取専門店でまとめて売却する

 クローゼットを一通り片付け終わったら、不要なものは捨てるか、買取専門店に売却しましょう。ブランド・ノーブランドに限らず高価買取をしているケースもあるので、買取専門店に持ち込んで査定をしてもらいましょう。店頭にいくことが難しければ、出張買取している業者もあります。➡ブランド・金・不用品の高価買取ならエコリング

 

キッチンは取り出しやすさを重視する

 
 キッチンスペースも一人暮らしでは狭くなりがちです。狭いからと言って収納棚を増やすとさらに狭くなり使い勝手が悪くなります。そこで発想を逆転してスッキリしたキッチンを目指しましょう。

 

鍋は取り出しやすいように縦置きにする

鍋類は、シンクに仕切りをつくり収納します。こうすることでデッドスペースを有効活用でき、取り出しやすくなります。
 
 

調味料はつり戸棚にまとめて収納

 よく使う調味料は、つり戸棚にまとめて収納しましょう。そうすると収納もスッキリして見栄えもよく収まります。

 

引き出しはケースを使って仕切りで収納する

 散らかりがちになっている引き出しはケースに仕切りをして調理道具を分けておきましょう。ここでのポイントは、ケースが動かないように一番下にクッションマットを引くことです。
 

 置場をつくって書類やカード類をつくる

 頻繁に届くチラシやDMは、放っておくと部屋の散らかりの原因になってしまいます。とっておきたいものは一時的に保管するスペースを用意するだけで部屋が散らかるのを防げます。

 

ポストに届いた郵便物の一時置場をつくる

 チラシや郵便物の鶏置き場所をスタッキングケースでつくりましょう。重要度、種類別に分けて入れることでその後の仕分がスムーズになります。

 

重要書類はファイリングして保管

 賃貸の契約書や家電の取扱い説明書は、いざという時にすぐに取り出せるようにしましょう。必要な時に見つからずに困ることのないように、それぞれファイリングして定位置にしまっておきましょう。その際にラベリングを使いどこに何があるかすぐわかるようにします。
 

片付けのポイントを押さえてマイルームをアッデートする

1人暮らしの部屋はどうしてもものであふれてしまいがちです。収納を工夫することで見違えるようにスッキリします。散らかった部屋は卒業して自分だけの快適な空間を実現しましょう。