寮の定義とは

寮とは、学校や会社が、学生のため、社員の為などに設置している多人数用の住居です。
学生寮や社員寮、社宅、食飲料などと呼ばれていて、社会福祉政策としての母子寮などもあります。

共同生活を営んでいるものが多く、法律上は「寄宿舎」として分類されます。
ほとんどの場合、トイレやお風呂は共用です。

食事は食堂があり、提供されます。
食堂がない場合は各部屋ごとにお風呂、トイレ、キッチンなどがついていて自炊が可能です。

寮の特長としては一般的なアパートやマンションよりも賃貸料が安いことでしょう。
派遣などの事例を覗くと、格安に設定されています。

寮の特徴とメリット

寮は、学生や社員などが比較的入りやすい物件です。
余裕を持って物件を選ぶことができますが、その会社、学校が管理していなければいけませんから選ぶ物件の数は少ないように思います。

セキュリティに関してはとても配慮されています。
どの物件でも、オートロック、ピッキングしにくい鍵の採用などが行われています。

管理人が在中していることもあり、訪問販売などをシャットアウトしてくれます。
一部のマンションではオール電化なども採用されており、使い勝手の良い間取りとなっていることが多いでしょう。

基本的にワンルームが多く、すべての居住に必要な設備が整っていることも特徴です。
メリットといえば食堂があることでしょうか。
賃貸料が安いこともメリットですが、お風呂やトイレが共同なら賃貸料が安いのも当たり前です。

門限や規制などがないため好きなように使えます。
学生寮の場合は食事の時間や訪問などに規制があるところもあります。

やはり最大のメリットは、「知り合いが近くに住んでいる」ことではないでしょうか。
同じ会社の同僚、先輩、学校の友達などなど。
近くに人がいるということは安心できるポイントです。

一人はちょっと寂しいが、ルームシェアなどができる自信はないという方に向いています。
また、一人気ままに生活したいと考えている方は学生マンションが向いているでしょう。

食事に関して

学生寮の場合、自炊をしたり外食をしたり、食堂で食べることも可能です。
初めて親元を離れて暮らす学生にとって、一番の心配は食事面でしょう。

料理ができない人は自ずと外食が増えます。
そんな中で、食堂があれば親御さんも安心ですし、無駄にお金を使うこともありません。

食事をする時間が決められているという点は否めませんが、一部マンションでは家賃と一緒に食事費がセットとなっているところもあるので、親元を離れ一人上京させる子供を安心して任すことができる居住先ではないでしょうか。

通常は一人暮らしとなんら変わりはありません。
全く異なるといえば食堂があることだけ。
他は自分一人でやっていかなければいけないわけですから、寮にも寮なりの大変さや苦労があるでしょう。

7月 24th, 2015 by